プラセボ薬で飲み忘れ防止|マーベロン28とトリキュラー28のピル比較、服薬時の注意点
顕微鏡を見る女性

経口避妊薬には21日服用する事で1シート分消費できる物と、マーベロン28とトリキュラー28のように28日服用することで1シート分消費できる物の二種類あります。
この2種類の違いというのは、プラセボ薬と呼ばれる薬が含まれるかどうかの違いです。
このプラセボ薬というのは、服用しても効果のない薬、つまり服用してもしなくても構わない薬なので、飲んだからと言って避妊することができるわけではありません。
それでも服用する必要がある理由として、経口避妊薬の服用忘れを予防するという目的があります。

通常、経口避妊薬は3週間、つまり21日服用を行い、次の一週間は服用を止めることで見かけ上の月経を起こし、服用をやめて1週間経過した後に新しいシートの1日目から薬を服用することで、月経周期を一定にしつつ避妊を行います。
しかし初めて避妊薬を服用している人の場合、1週間も服用を辞めてしまうと新しいシートに移るタイミングを忘れてしまい、結果的に薬を飲み忘れてしまって避妊効果がなくなってしまうという事があります。

28錠入りの物は21日目までは避妊薬になっていますが、22日目から28日目まではプラセボ薬になっていて、見かけ上の月経が起こっている最中も継続して薬を服用し続けることで、間をあけてしまったから月経が終わった後に飲み忘れてしまったというよくある事故を予防できるのです。
その為、初めて避妊薬を服用する人や飲み忘れてしまう可能性がある人に、28日で1シート消費することのできるマーベロン28とトリキュラー28は人気があるのです。