処方してくれない!|マーベロン28とトリキュラー28のピル比較、服薬時の注意点
薬のイメージ

マーベロン28もトリキュラー28、どちらも避妊率約100%を誇るとても優れたピルなので、今子供が出来てしまっては困るという人にはとても助かる薬ですが、実は人によっては処方されない可能性があります。

ピルは服用することで血液を固めやすくする成分が体内に増えやすくなり、血栓症という症状が出る可能性が高まります。
発症することで体の各部が激しく痛んだり、脳に血栓ができてしまったときにはめまいやふらつきなどの症状が出て、これが重症化すると命を脅かす非常に危険な症状なってしまいます。
ピルを処方されない人の多くはこの血栓症が重症化してしまう可能性があると判断された場合です。
この判断要因に「一定の年齢に達しているか」「喫煙の有無」「高血圧」「糖尿病」「肥満」などがあります。
その為、病院に行って診察を受けたけれども処方できないと言われた場合、それは血栓症が重症化する可能性がある、と判断された可能性があります。
その場合にも使用できる避妊薬や避妊方法などがあるため、決してそこで「どうしようもない……」と思ってしまわず、やれることをやりながら自分の体質等を見直し、処方してもらえるように生活習慣の見直しや病気の治療等を行っていくようにしましょう。